雑記

=これからの治療家は、治療以外のスキルも重要だと思う 3つの理由=

こんにちは。

奨学生 貧乏ICHIROです。


簡単な自己紹介させてもらいます。

25歳までに鍼灸師・柔道整復師・JSPO-ATと、3つの資格を取得しました。
27歳の現在、3つの資格を取得したことを、後悔しています。

なぜなら、資格取得と同時に、960万の借金を背負うことになったからです。

読者の方が、私と同じように【後悔】しない治療家人生を歩んで欲しいと思い書いて行こうと思います。

↓このシリーズの前回記事です。
「これから医療資格を取得しようとする方向けです。」

https://www.ichirolife.com/%e3%80%90%e5%be%8c%e6%82%94%e3%80%91%e8%b3%87%e6%a0%bc%e8%b2%a7%e4%b9%8f%e3%80%82%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ab%e8%b3%87%e6%a0%bc%e3%81%a8%e3%82%8b%e3%82%93%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%aa%e3%81%8b/
なぜ治療家以外のスキルも必要なのか?3つの理由
  • 治療ができる人は、たくさんいるが、+αのスキルを持つ人は少ない。

  • 治療家以外の収入も稼げる

  • +αのスキルがあれば、場所を問わず仕事ができる
ICHIRO
ICHIRO

あくまで、私の個人的な見解です。
参考程度に、読んでください。

私は、治療家としての仕事を誇りに思っていますし、とてもやりがいのある仕事だと、思っていますが、現在は、英語・プログラミング・ブログ(当サイト)を勉強しています。

理由は簡単で、治療家以外でも稼げるスキルが必要だと思ったからです。

※当記事のアイキャッチの画像は、私がWeb制作で実際に行ったコーディング画像です。

なぜ、+αのスキルを求めるのか?

ICHIRO
ICHIRO

大きな理由としては、3つあります。

治療家の仕事は、患者さんがいないとできない

当然ですが、私たち治療家は、目の前に患者さんがいて、仕事がなりたちます。逆に言えば、患者さんがいないと、仕事がありません。つまり、無収入です。

治療家が「お金、お金」って、なんかいやらしいと思う方も、いると思います。

はっきりいいますが、「お金の話=悪」だと思いっている方は、「お金の話から逃げる人」です。私は「患者さんから治療代をいただいて、儲けよう」なんてことは、一言も言ってません。※こういう事を平気で、いう治療家もいますが。。。

綺麗事なしで、生きるためにはお金は欠かせません。

今の時代、お金の知識に疎い人は、損をする時代ですよ。

話を戻しまして、患者さんがいない時間帯を有効に使い「お金を稼ぐスキル」が重要だと思います。

例えば、読者の方が完全予約制の治療院を経営してるとしましょう。

ある日、予約が入っていたが、患者さんの都合が急に悪くなり、予約を取り消しする状況があるとします。

そのキャンセルのために、1時間の空き時間が出来てしまいました。

読者の方なら、その1時間何をしますか?

治療の勉強・治療院の掃除をしますか?
※非常に良い行動だと思います。

それとも、スマホ・PC で適当に暇つぶししますか?

私なら、その時間を使い、Web制作をしたり、ブログ記事を書くでしょう。

※現在で、簡単なLP制作はできます。一つのサイトで、3-5万の収入を得ることができます。

+αのスキルがあれば、場所を問わず仕事ができる

いわゆる、ノマドワーカーですね。

先ほど、解説したWeb制作ブログなら、PC一つで、世界中どこでも仕事ができます。

もし、読者に妻子がいるとしましょう。

家族で1週間から10日程度、海外旅行に行くとします。当然、治療院をお休みにしなくてはならないので、無収入になります。でも、PC 一台で稼げるスキルがあれば、海外旅行先でもお金を稼ぐことができます。

私が、一番重要だと思う理由です。理由は、簡単です。「家族を大事にしたい」「家族と時間をゆっくり過ごしたい」それだけです。

私の父は、サラリーマンで仕事が忙しかったため、幼少期に父と出かけたことが、ほとんどありませんでした。子供の幼少期なんて、一瞬です。その時を、「治療院で仕事をしなくてはいけない」なんて理由で、家族と共に過ごす時間を、大切にできない父親にはなりたくないです。治療院でなくても、どこにいても、PC一つで稼げるスキルがあれば、人生を豊かに出来とる思っています。

専門知識と併用することで、付加価値となる

医療資格を「これから取得する方」「既に取得済みの方」は、素人の方と比較して、専門知識を持っています。その専門知識と+αのスキルを使うことで、そこには「付加価値」が生まれます。

動画編集スキルを例に出してみましょう。
現在既に、理学療法士の方は「理学療法士+動画編集」という、付加価値を利用しています。

コロナの影響で、理学療法士の先生方は、Webセミナーに力を入れています。動画編集ができる理学療法士求人まで出すレベルまで来ています。

どんなスキルを選ぶかは、あなた次第

簡単にですが、PCがあれば仕事ができるスキルです。

動画編集・Web制作・Webデザイン・Webライター・プログラミング・YouTube・ブログなどがあります。

上記以外にも、+αのスキルはあると思いますが、そのスキルを、「どう使うか・そのスキルがなぜ必要なのか」は、あなた次第です。

考えてもわからない場合は、「全部やってみる」です。投げやりに聞こえますが、やってみないと、どれがあなたにとって適性なのか、わかりません。

行動あるのみです。可能性を広げるのは、あなたの行動と努力です。

繰り返しになりますが、私は、Web制作とブログを選びました。また、機会があれば、なぜ「英語・Web制作・ブログ」を選んだかを、記事にしたいと思います。

ICHIRO
ICHIRO

最後まで、ご覧いただきありがとうございましたー!

© 2021 鍼灸師 ICHIRO LIFE BLOG Powered by AFFINGER5