セブ島留学 留学までの勉強法

【セブ島留学 実体験】中学レベルの事前学習では全然足りなかった。。。

ICHIRO
こんにちはー!
英語初学者 ICHIROです。


早速ですが、、、。

留学前の事前学習は、中学レベルはしておきましょー!


私と同じような英語初学者で、留学を検討されている方なら、「最低でも中学レベルの事前学習」というこのフレーズ何度も見たことがあるのでは、ないでしょうか?

英語者超初学者の私は、真面目なので(自分でいうな)半年間、死に物狂い(これは本当)で、中学レベルの事前学習をしました。

勉強を始めたときは、be動詞すらわからないレベルから、半年勉強して、 英検3級の過去問で、9割以上は獲得できるようなりました。

期待を胸に膨らませ、セブ島留学に行きました。

しかし、中学レベルでは全然ダメでした。。。。

その理由を解説していきたいと思います!

もう一度言います!
中学レベルの事前学習では足りないよ!!!

この記事の対象者

  • 英語初学者で留学を検討している方
  • 英語初学者で事前学習の勉強で困っている方


私は、留学前に「どれくらいの事前学習が必要か」「どんな勉強ほうが良いのか」など、めちゃくちゃ調べました。

実際に留学に行った、社会人英語初学者目線で、これから留学を検討されている方に向けて、留学前に知っていて、損はさせない留学対策を込めて、発信していきますので、留学を充実させたい方は、最後までご覧くださいー!

この記事からわかること

  • 中学生レベルでは、勉強は足りない
  • 今後の留学に向けて、事前学習のイメージができる。

その前に、実際に留学に行った英語初学者

ICHIRO氏の英語力を観察してみましょう。

言葉よりも実録の音声を聴いてもらった方が、よりわかりやすいと思うので、留学時のSpeaking授業の音声を添付します。

ほぼ相槌を打っているだけですよね。笑

先生が言っている内容は理解でき、最低限自分の伝えたい意見は言えるレベルです。

なぜ私が先生の英語が理解できるのか?

それには理由があります。

相手が先生だからです。。。
↓の記事にその理由を書いていますので、ぜひ。

留学を終えての手応えとしては、今のレベルは「自分の伝えたい意見を、ブロークイングリッシュでなら伝えられる」という感じです。

苦労はすると思いますが、一人で海外旅行に行くとか、最低限のコミュニケーションが取れるレベルです。

ブロークンイングリッシュで、海外旅行が楽しめるレベルがゴールの方は、中学生レベルの文法・単語でも大丈夫かもしれません。

しかし、留学後にワーホリに行き現地で働きたいと思うのであれば、中学生レベルの文法・単語では足りないと感じました。

ここから、詳しく中学レベルの事前学習では、足りないのか解説します!

英語者学者の事前学習 ここまではやっておこう!

文法:最低中学レベル!

これは間違いなく勉強しておくべきです!
最低限の文法知識がないと、文章を組み立てることができません。

中学レベルの文法を事前学習しないで行くのは、地獄を見ることになるでしょう。笑

でも、逆に言えば文法に関しては中学生レベルを、しっかりやれば良いのです!

ICHIRO
ICHIRO

初学者向けの文法書をたくさんみましたが、やはり「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」にたどり着きました!

be動詞すらわからなかった私でも、しっかり理解でき、留学にまで導いてくれた良書です!

少なくても、留学までに50周くらいはしました。笑



私の体験として、中学レベルの文法知識があれば、最低限のコミュニケーションは取れるのではないかと思いました。


※もちろん、高校レベルの文法知識があれば、もっと良いのは当然ですが、ここでは英語者学者目線なので、省かせてもらいます。

「日常英会話は、中学生レベルで通じる」みたいな本を読んだことありませんか?
↓この書籍とか。

留学前に、いろんな英語の勉強法を模索している時に、読んだ本です。

内容も面白いですし、とても参考になったので、一読する価値はあると思います!

Kindleは英語者学者は、使い倒すべきです!
こんなにコスパの良い勉強方法を使わない理由がありません!!!

こちらの記事も参考にしてください!

単語:一つでも多く覚えておく!

ここに関しては、よりを込めて書いていきます。

単語にここまでやっておけば良い!って言うのはありませんー!!!

文法のように、中学レベルの単語だけ知っていても、足りません!!!

私が留学にきて、もっと事前学習しておけばよかったランキング1位です。

単語知らないと、本当にお話になりません!!!笑

その理由を解説していきます!

相手の言っていることがわからない

語彙力が少ないと、相手のお話が全く理解できません。

例えば

おんちゃん
おんちゃん

I'm thirty years old.

ICHIRO
ICHIRO

(頭の中)
この方は、30歳なんだ。

知っている単語なので、理解できますよね。

次です!

I’m allergic to pollen.

ICHIRO
ICHIRO

!?!?!?
私は、〇〇です?って言ってるよね!?

アレジック?アレルギーのこと?

でも、その次の「ポーなんちゃら」って何?

https://ejje.weblio.jp/content/pollen

pollen=花粉

日本語なら花粉と言われたら、簡単にわかっても、英単語で言われると全くわからないですよね。

日本語では、小学生でも知っている、簡単な花粉も、英単語レベルだと、英検1級・大学院以上の水準と書かれています。

そりゃ、中学生レベルの単語しか知らないので、分かるわけないですよ。

実際に、留学に行くとこのようなことばかりです。


自分が伝えたいことなどは、自分の中で簡単に言い回しを考えれば、伝わりますが、相手の言っていることを理解しようと、思うと語彙力が欠かせないと、痛いど実感しました。

残りの30%の重要性

みなさん、Steve Kaufmannという方を聞いたことありますか?

20以上の言語を話せる言語学者なんです。

おんちゃん
おんちゃん

そんな強人ががおるんかいな?

ICHIRO
ICHIRO

本当なんです。
動画を見た方が早いので、下の添付動画をご覧ください。

ICHIRO
ICHIRO

昨年の秋に、この動画を見た時は衝撃でした。

スティーブさんの存在を知ってから、スティーブさんが出演するYouTubeを、たくさんみました。


その中で、こんなことを言っていました。

頻出の1000語のうち、会話を構成するのは60か70%でしょう。

あとの30% がとても重要なんですよ。

そこに必要な意味が全てあるから。

https://youtu.be/YiPob_ih5dE

↓その動画がこちらです。 
5分20秒あたりから、上記のことを述べています。



留学を終えた今だから、よりわかる残りの30%の重要性。

簡単な頻出単語は、理解できても、残りの30%がわからないと、本当に会話になりませんでした。

なので、留学前には、「中学生レベルの単語量でいい」「高校生レベルの単語量でいい」なんてないのです。

語彙力が多ければ、多いほど良いと思います。

まとめ

文法の事前学習は、最低中学生レベル

単語後の事前学習は、一つでも多く知っておく

以上、いかがだったでしょうか?

漠然としていた、留学前の事前学習のイメージが、読む前よりも、鮮明になっていれば、嬉しいです!

コロナの影響で留学の目処が立たない、「今」を「チャンス」と取られ、最低限の文法知識・一つでも多くの語彙を増やしていきましょー!

ICHIRO
ICHIRO

最後まで、ご覧いただきありがとうございましたー!

英語者学者の「あなたー!」一緒に勉強頑張りましょう!

コロナ発生時、セブ島留学していた私の、当時の様子を記事にしています。
ドラマのような1週間でした。こちらも、ぜひ!

© 2021 ICHIRO LIFE BLOG Powered by AFFINGER5